現在、家庭用脱毛器ケノンを使用して効果を検証しています

ケノンで全身脱毛

フィリップスのルメアとケノンを徹底比較!購入するべき家庭用脱毛器はどっち?

近くのヤマダ電器に展示してあったフィリップスの家庭用脱毛器『ルメア』について調べてみました。

光エステ「ルメア」の本体とアタッチメント

展示されてあったのは一本だけで、写真に写っているのは色がシャンパンゴールドで、型式がSC1999/70となります。

お値段は54800円です。なかなか良いお値段の脱毛器なので、効果にも期待が持てそうですがどうでしょうか。

フィリップス光美容器ルメア・アドバンス・シャンパンゴールド・SC1999/70

手に持つとこんな感じになります。

フィリップス光美容器ルメア・アドバンス・シャンパンゴールド・SC1999/70

家庭用脱毛器の中でもサイズは大きめ。上部のボッコリした形が印象的です。

アタッチメントも置いてありまして、見ると体用と顔用が同じで、別にビキニエリア用のアタッチメントがあるようです。

フィリップス光美容器「ルメア」のアタッチメント

値札には「光エステ」と書かれています。

光エステとケノンを徹底比較!どちらを購入するのが良いのか?

ヤマダ電機に行ったときに見つけた家庭用脱毛器『光エステ』について調べてみました。光エステは大手パナソニック(Panasonic)が開発・販売している家庭用脱毛器です。光エステの種類について取り合えず僕…⇒続きを読む


上に貼ってある以前紹介したパナソニックの光エステとは形が全然違いますので、カテゴリーとしては光エステの中にルメアがあるという感じでしょうか。

また、フィリップスというメーカーはパナソニックの中にあるメーカーだと思われます。

想像するに、パナソニックがより美容・脱毛に特化したメーカーとしてフィリップスを立ち上げ、そのフィリップスが開発・販売しているのがルメアであり、値札に光エステと書かれているのはパナソニックの名残みたいなものかと思われます。

フィリップスの「ルメア」の種類は大きく分けて四種類

さて、光エステと同様、このルメアも種類がいくつかありますので、まずはそれらを整理してみたいと思います。

ルメアの種類
※クリックすると拡大表示されて見やすくなります。

上の表はAmazonに掲載されていたものですが、それによるとルメアには大きく分けて四種類のタイプがあるようです。

  • SC2009/70
  • SC1999/70
  • SC1993/70
  • SC1984/70

僕がヤマダ電器で手に取ったルメアは上の表で言うと左から二番目のSC1999/70ですが、最も最新のルメアは一番左のSC2009/70になる模様。

他のルメアと異なり、SC2009/70はコードレスタイプとなっており、しかも照射出力が最も強いようです。コードレスタイプなのに照射力が一番あるというのは意外ですね。

あと余談ですが、おそらくSCのあとからスラッシュまでの四つの数字はそれが開発or販売された年度を表しているのではないのでしょうか?それだと年度が最も新しいSC2009が最新版というのも納得がいきますし、前作のSC1999から10年後に販売されたのがSC2009ということも分かります。

最新型ルメア(SC2009/70)の口コミ・評判は?

次に最新型のルメアSC2009/70を実際に購入&使用された方々の口コミ・評判・レビューをまとめてみました。

ルメア(SC2009/70)の高評価口コミレビュー
〇これを2週間に1度使用することで生えづらくなりました。3回照射しただけで実感があり、いまは照射が習慣になってます。顔は産毛なので効果があるか一番心配していましたが、確実に剃る回数が減りました。
〇諦めずに2週間後…また2週間後…っと地道に打ち続けていると、確かに!確かに生えてくる期間がながーくなって、毛の量も減っています。永久ではないみたいなので、打ち続けなくては
いけないですが…マイナス点は、充電が切れるのが少し早い。ちょっと重たいので手が疲れる。
〇濃い部分でもコンスタントに使用していれば徐々に効果は感じられてきます。
〇ワイヤレスという点がお気に入りでした。しかし、買って4ヶ月しないうちに故障しました。
〇もう少し早い連射ができれば最高です。
〇バッテリーの持ちについては「容量不足」と言わざるを得ません。両手+両足+αで3~4回の充電が必要です。また、ACアダプタを付けた状態では動作しません。これは改良してもらいたいですね。
〇買ってから5カ月ぐらいたってます、結果がある!生えてくる毛が減り、成長するスピードも遅くなった。
〇確かに毛が生えるのが遅くなりましたし、所々生えていない箇所もあります。
〇やりすぎかもしれませんが2日や3日に一回髭に使いました。肌荒れもなく、髭のジョリジョリ感はなくなりました。男の髭でも使えます。
〇男性のヒゲの脱毛には使えません。というのも、どういうわけか説明書で「男性は顔には使えません」となっているのです。理由は不明ですが…。
〇各部のデザインによる扱いやすさや肌への負担もしっかりと配慮と工夫がされている。
〇こんなことならもっと早く購入しておけばよかったです。2日に1度、剃っていたのは何だったのかと思います。
〇医療用レーザー脱毛経験ありです。レーザーと同じ位のパチっとした刺激です。個人的には全然痛くありませんでした。

個人的に口コミを見ていて一番気になったのはバッテリーの持ちです。充電が切れるのが早すぎるようなので、面積の広い腕や脚を脱毛するときに面倒なことになりそう。また、ACアダプタを付けたまま使うことができないというのも大きなマイナス点だと思います。

しかし脱毛効果に関してはなかなか評判が良く、永久脱毛は無理にしろ、毛が少なくなり細くなる効果を実感されている方はたくさんいらっしゃるようです。

男性でも使用できるようですが、説明書には男性の髭には使えないということが書かれているようなので、そこもルメアのデメリットでしょうね。

ただ、その説明書きを無視して顔に使っている男性もいらっしゃるようで、その方は髭の脱毛効果を実感しているようです。まぁ説明書に使えないと書かれているようなので、男性の方で髭脱毛目的で購入するのは止めておいた方がよさそうです。

僕がルメアよりもケノンをおすすめする理由

では、ルメアのメリットとデメリットと、ケノンがルメアよりも優れている点を上げます。

ルメアのメリット

  • コードレスタイプ
  • 照射出力が強く脱毛効果を実感しやすい

ルメアのデメリット

  • 男性の顔には使用できないらしい
  • 充電がすぐ切れる
  • 充電しながら使用することができない
  • サイズが大きいので手が疲れる

ルメアよりもケノンが優れているところ

  • 軽くて扱いやすい
  • 男女共に全身に使える
  • 照射面積が広い
  • 家庭用脱毛器の中で最も売れている

ルメアとケノンを比較して思うこと

ルメアは腕や脚などの面積が広いところを脱毛するときにデメリットが顕著に気になってくるかと思います。脱毛している最中にバッテリーが切れたり、手が疲れたりするのは億劫で仕方ない。。

今まで家庭用脱毛器を使ったことが無い方は「それくらい我慢する」と思われるかもしれませんが、家庭用脱毛器を使い続けている僕としては、腕や脚などの面積の広い部位を脱毛するのは本当に大変でめんどくさく、慣れてきたら「めんどくさいからやらなくていいや」となる方もたくさんいらっしゃるくらいモチベーションが上がらない部位なのです。

軽量でルメアよりも全然照射面積の広いケノンでさえ大変なのに、こんな大きなデザインのマシンを持ちながら、時に「あー充電が切れた」とかいうふうになりながら脱毛し続けるのは、想像しただけで「続かないだろうな」と思います。

確かに脱毛効果に関してはルメアも十分かもしれませんが、ケノンの脱毛効果も十分なのです。だからこれまでケノンはずっと家庭用脱毛器の中で売れすじナンバーワンなのです。

料金価格的にはルメアが五万円でケノンが七万円と、ケノンの方が二万円ほど高く付きますが、一生に一度しか購入しない家庭用脱毛器ですから、より性能が上の脱毛器を買っておいた方がよいのではないのでしょうか。

コメントはお気軽にどうぞ(コメントは承認後に反映されます)